札幌工場

永年の研究成果を結集し、自社設計工場を築きあげました。

当社の永年にわたる技術蓄積をベースとし、総力をあげて建設した工場です。

このプラントの特色は、焼却能力120t/D(ロータリーキルン60t/D×2基)と大きいことと、誘引ファンを駆動する蒸気タービンの熱源として焼却炉の廃熱を利用しているところです。
さらに冬期には凍結防止策として余熱を利用し、構内にロードヒーティング、工場内にフロアーヒーティングを設置するなど、熱利用の可能性をあらゆる角度から追求しています。

このプラントは、ロータリーキルン式焼却炉2系列及び廃水化学処理施設、破砕施設、コンクリート固型化施設などを完備し、ほとんどの産業廃棄物の総合処理が行える施設となっております。
焼却炉の排ガスは廃熱ボイラーで熱利用された後、アルカリ溶液を循環する急冷塔、ジェットスクラバーで冷却除害され、さらに苛性ソーダー溶液を循環する除害塔で除害されます。除害塔を出た排ガスは湿式電気集塵機で除塵されて煙突より放出されます。

札幌工場全景

焼却処理・液状廃棄物処理工程フロー

処分業者

処理施設ごとの種類、設置年月日、処理能力(規模)、処理する産業廃棄物の種類、処理方式、構造及び設備(環境保全設備を含む)の概要等

◎ 中間処理施設

事業場名:札幌工場(北海道) 稼働時間:24時間/日
令7条の分類 施設の種類名 処理方法 処理物 処理能力 表示単位 主な構造、設備
3号 NO.1ロータリーキルン
NO.2ロータリーキルン
ロータリーキルン 汚泥 153.2 t/日
  • 燃焼ガス温度(850℃以上)
  • 燃焼ガス滞留時間(2秒以上)
  • 排ガスは急冷塔、ジェットスクラバー、湿式電気集塵機
  • 焼却灰は最終処分場埋立
  • 防油提による廃油流出防止
  • アスファルト又はコンクリート舗装
5号 廃油 29.6 t/日
7号 廃プラスチック 112.2 t/日
13号の2 産業廃棄物 78.2 t/日
6号 中和施設 中和、硫化、還元 廃酸、廃アルカリ、産業廃棄物 480 立米/日
  • 脱水後、埋立(汚泥の処理)
  • 中和・凝集後脱水(排水の処分)
  • アスファルト又はコンクリート舗装
11号 酸化分解 廃酸、廃アルカリ、産業廃棄物 160 立米/日
脱水施設1 フィルタープレス 汚泥、ばいじん 244 立米/日
  • キレート処理後、下水道
脱水施設2 真空脱水機 36 立米/日
破砕施設 破砕機 2 t/日
蛍光管破砕施設 破砕機 0.45 t/日

お問い合わせはこちら

北海道:札幌工場

札幌工場

全天候型の屋内焼却施設を保有し札幌都市圏に至近の立地。

(札幌)
(早来)

お問い合わせフォーム