地球に新たな芽生えを贈ります

早来工営の創業以来のテーマです

今日、産業の発達とともに、環境問題は複雑、多様化しております。
資源循環型社会の形成が唱えられていますが、弊社は早くから"環境と資源を守ろう"をテーマに、事業を進めて参りました。産業廃棄物の収集・運搬、中間処理・再資源化、さらには最終処分場まで、弊社内で一貫して責任をもって適正処理する体制を確立しています。

また、フロンガスの処理、汚染土壌の浄化処理、PFOSの処理、さらには廃油のリサイクル事業など、永年培ったノウハウと経験を生かしながら、時代の課題を先取りし、新しいテーマに挑戦を続けています。

このほかにも、工業薬品処理を初めとする廃試薬・廃薬品処理およびリサイクル事業、金属水銀処理や乾電池のリサイクル事業、各種処理装置の廃棄処分にも分野を広げ活動しています。

今後とも、私たち早来工営は、地球環境保全のために、お客様と一緒に考え、行動して参ります。

新着情報

  • 2017/4/20
    早来支店では、胆振東部危険物安全協会から日頃の危険物施設の保安等の取り組みが評価され、協会団体表彰されました。
  • 2017/4/3
    入社式が行われました。新入社員は各工場への配属が決まり新たなスタートをきりました。
  • 2017/2/10
    事業者の安全性を評価し認定・公表する「安全性優良事業所」(Gマーク)として早来工営本社、札幌工場、大阪工場、早来支店の全事業所で認定を取得しました。